篩いはふるい:読めない漢字:言葉で遊ぼう

篩いは「ふるい」と読みます。籠(かご)とにていると感じるのは私だけでしょうか。篩いにかけるというときの篩い(ふるい)ですね。振動篩いという装置もあり、仕事で使っ...:篩いはふるい:読めない漢字:言葉で遊ぼう

きめ細かくお抹茶を漉してくれます☆ 漏斗なしでお安く。【茶道具】茶篩い 大(抹茶...

【送料無料】【代引き/法人後払い/コンビニ手数料0円】米粉・小麦粉・蕎麦粉の篩い...

篩いはふるい

篩いは「ふるい」と読みます。
籠(かご)とにていると感じるのは私だけでしょうか。
篩いにかけるというときの篩い(ふるい)ですね。
振動篩いという装置もあり、仕事で使っている言葉なのですが、漢字が読めませんでした。
恥ずかしながら、同僚に聞いて篩い(ふるい)と知りました。
何度も目にし読んできているのですが、数ヶ月すると忘れてしまっている漢字です。
日常では篩いという言葉はほとんど使っていないので、全く意識から篩い落とされてしまっているようです。
篩いにかけられて落とされる漢字なのでしょうか。
篩いというイメージは何となくあるのですが、実際にはよく解らない部分があります。
ざるや籠のような編み目のある物で篩い分けていたようにも記憶していますが、子供の頃見ただけの記憶なので今一ハッキリしません。
(明鏡国語辞典)
篩いふるいにかけて選別する。
「小麦粉を篩う」「砂を篩い落として貝を拾う」「面接で篩い落とす」
(広辞苑 第五版)
ふるい【震い】 フルヒ
ふるえること。わななくこと。ふるえ。戦慄。好色五人女(4)「身に―出でて足元も定めかね」
(2)瘧(おこり)が起ること。


【自宅でヨガの極意習得ガイドブック】まだ、月謝を払ってヨガ教室に通いますか?家庭...

大人気!ナンバーズ3 予想自動生成ソフト

五十二

「五十二」と書く名前が読めなくて調べてみました。 五十二と書いて「いそじ」と読むらしいです。 人名の読みは難しい上に古い(ごめんなさい)当て字はまったく読めませんね。 親御さんが名前を付けるときは皆さん色々考えてつけているのでしょうが、誰で・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

暖簾はのれん

暖簾は「のれん」と読むのだそうです。 ちなみに右側の文字は簾「すだれ」でした。たけかんむり(竹冠)から調べたり、したが健康の康だと思い込んで勘違いで調べまくっていました。 読みが分かってしまえば感じを探すのはわけないのですが、読みが分からな・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

茜は「あかね」

茜はあかねと読むのですね。 茜(あかね)が読めなくて「くさかんむりに西」で検索してしまいました。 恥ずかしいですが事実です。 日常的に使わない漢字は直ぐに忘れてしまいますから、また、解らなくなるでしょうね。 茜(あかね)なんて言葉はまず使う・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

酒々井(しすい)

酒々井(しすい)を「ささい」と読んでいました。さいわい誰にも読んで聞かせたことはないので気付かれていませんが、パソコンで「ささい」と入力しても変換候補が出てこなかったので、もしやと思い「酒々井」で検索してみたら何のことはない酒々井:「しすい・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

土ふるい機、園芸、農業用品なら瀧商店!送料無料回転土ふるい機 SC-1 ハンドル...

送料無料 土ふるい機・園芸用品 農機具なら瀧商店回転土ふるい機 SC-M 電動式...