茜は「あかね」:読めない漢字:言葉で遊ぼう

茜は「あかね」と読む。何度も見ている感じで読めそうで読めなかった漢字です。茜(あかね)が読めなくて「くさかんむりに西」で検索しました。:茜は「あかね」:読めない漢字:言葉で遊ぼう

本物か偽物か?!100万円を超えるマイセン人形像の見極める方法

「バドミントン ダブルス バイブル」〜名門校が実践する基本ストローク、ゲーム練習...

茜は「あかね」

茜はあかねと読むのですね。
茜(あかね)が読めなくて「くさかんむりに西」で検索してしまいました。
恥ずかしいですが事実です。
日常的に使わない漢字は直ぐに忘れてしまいますから、また、解らなくなるでしょうね。
茜(あかね)なんて言葉はまず使うことがありませんね、名前や地名以外では私は全く使うことがなかったので、茜(あかね)の字さえ完璧に忘れていました。
茜(あかね)とは
あか‐ね【茜】
(1)アカネ科の蔓性多年草。山野に自生し、根は橙色。茎は四角く中空でとげがある。各節に四葉を輪生し、秋、白色の小花をつける。根から染料を採った。生薬名を茜根(せんこん)といい、通経薬・止血薬。茜草。(季)秋
(2)セイヨウアカネの根からとった赤い染料。アリザリンを含む。茜根。
(3)茜色の略。

広辞苑より


読めそうで読めない間違いやすい漢字 第1弾「教養編」 [DVD]

読めそうで読めない間違いやすい漢字 第2弾「トリビア編」 [DVD]

酒々井(しすい)

酒々井(しすい)を「ささい」と読んでいました。さいわい誰にも読んで聞かせたことはないので気付かれていませんが、パソコンで「ささい」と入力しても変換候補が出てこなかったので、もしやと思い「酒々井」で検索してみたら何のことはない酒々井:「しすい・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

滌蕩(てきとう)

滌蕩とかいて「てきとう」読む。 意味は、穢れを洗い落とす。ということらしいが、意味を見ても全く分からない漢字です。 なんで、こんなに難しい漢字を使うの?。と思わず聞きたくなってしまいます。 滌蕩(てきとう)なんて言葉を使うことがあるのですか・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

十余二(とよふた)

地名や名前には読めない字が多いのですが、こんな簡単な漢字の組合わせが読めなかった。少し落ち込んでいます。 「十余二」は「とよふた」と読むんですね。 ネットで調べればすぐ分かることなんですね、それと、入力変換も「とよふた」と入力すれば「十余二・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

鋸南は「きょなん」

鋸南は「きょなん」と読む。 鋸南町(千葉県安房郡鋸南町)の町名の由来は、鋸山の南側にあるからということ。 何も鋸南(きょなん)じゃなくてもいいでしょうといいたくなる町名です。 名前の良い悪いではないですから誤解のないようにお願い致します。 ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

tone 四季彩タンブラー M 320ml タンブラー ステンレス 真空断熱 タ...

tone 四季彩タンブラー L 400ml タンブラー ステンレス 真空断熱 タ...