廿五里 (ついへいじ):読み間違い:言葉で遊ぼう

廿五里は「ついへいじ」と読みます。これは千葉県市原市にある地名ですが、教えてもらっても読むことができません。:廿五里 (ついへいじ):読み間違い:言葉で遊ぼう

伊平次とわらわ 2 (希望コミックス)

坂田靖子セレクション (第7巻) 伊平次とわらわ 1 潮漫画文庫

廿五里 (ついへいじ)

廿五里と書いて「ついへいじ」と読むのですが、これは、千葉県市原市にある地名です。
何度教えてもらっても読むことができない漢字です。
私としては「甘五里:あまごり」で思い込んでしまっているので、次に通りかかると「あまごり」と呼んでしまいます。
そして、この記事を書くために「ついへいじ」と入力してみると、「廿五里」ときちっと変換されました。
かなり驚きました、パソコンは賢いなと、やっぱり現代科学は信頼できるものだ。と・・・、何のことやら。
ただ、パソコンで読みを入力するまでが大変で、地図を検索して「千葉県市原市廿五里」にたどり着くまで、 MapionBB で拡大縮小を繰り返してやっとたどり着きました。
そもそも廿五里とは「二十五里」ということで距離を表しています、むかし、鎌倉からの道程が二十五里だったということで、距離をそのまま表記したということです。
現代人にはかなり難しい言葉になっているように思います。
私は何度標識を見ても、頭の中で「あまごり:甘五里」と読んでしまって、どうしようもないです。
まあ、どうでも良いといえばどうでも良いのですが、人と話しているときに何度も間違えるのが恥ずかしいので、多少は覚えようと思うのですが、苦労しています。
ですから、職場で私が「甘五里:あまごり」といえば、「廿五里:ついへいじ」のことだとみんなが解るようになってしまいました。
恥ずかしいことですが、本当の話です。


伊平次とわらわ 1 (希望コミックス)

伊平次とわらわ 2 (希望コミックス)

ネゴ:交渉

ネゴすると言うことで、会社の朝礼で説明した長老がいるのですが、少し違うような説明をしていたので、書いてみます。 (読み間違とは違いますが・・・) 先日、その人と私とで、御客先との最終的な打合せをして、ほぼこちらの思い通りの金額で決定する方向・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

一念発起:いちねんほっき

一念発起は「いちねんほっき」と読みます。 好きな言葉なのですが、一瞬読み間違ってしまう漢字なので、こちらに書きました。 一念発起するというのは、仏教用語のようですが、心を起こすこと:悟りを得ようとする心を起こすことです。発心:ほっしんと同義・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

塵埃はじんあい

塵埃はじんあい。読み間違いではなくて、読めなかった漢字です。当然今でもかけません。読むことはできるようになりましたが・・・・。 ちりやほこりが何故塵埃なんだろう、塵(ちり)埃(ほこり)これでも難しい漢字でした。お恥ずかしいですが。 仕事で報・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

徒となる(あだとなる)

徒となる(あだとなる)、これが読める人の方が珍しいのでは?と思ってしまいます。 最も私は学がないので、漢字はよく知りませんが、言葉はよく使っているように思いますが、漢字を見たのは初めてというか、今までは「ととなる」と読んでいました。 弟子と・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

伊平次とわらわ 2 (希望コミックス)

坂田靖子セレクション (第7巻) 伊平次とわらわ 1 潮漫画文庫