聖黙法談:言葉 遊び:言葉で遊ぼう

聖黙法談:せいもくほうだん私は「聖黙法談」と書いて「せいもくほうだん」と教わりましたが、「しょうもくほうだん」と読んでいる人もいるようです。どちらが正しいのかは...:聖黙法談:言葉 遊び:言葉で遊ぼう

聖なる道を歩く 黙想と祈りのラビリンス・ウォーク

特祷想望―『日本聖公会祈祷書』特祷、解説と黙想

聖黙法談

聖黙法談:せいもくほうだん
私は「聖黙法談」と書いて「せいもくほうだん」と教わりましたが、「しょうもくほうだん」と読んでいる人もいるようです。
どちらが正しいのかは調べていませんので解りませんが、どちらでも良いのではないかと思います。
聖黙法談は読み方よりも、その意味が重要でこれは仏教の教えの1つです。
聖なる沈黙を守り、法についてのみ語り合いなさい。というような意味です。
言葉遊びとはほど遠い意味なのですが、聖なる沈黙は結構好きです。
一人で黙って一日中ぼーっとしている、というか何かに熱中しているときはかなり良い感じです。
私は没頭しやすいたちなので、没頭しているときに人に話しかけられたりするのはあまり好きではありません。
家庭的ではないのでしょうが、性分なので仕方ないのかなとあきらめています。
仏教語の読み方は時代というか、かなり頻繁に変更されているように感じます。
般若心経等の読みも微妙に変化してきています。
修行僧ではないので詳しくは解りませんが、微妙に読みを変えている理由がよくわかりませんね。


デュエルマスターズ 【白騎士の黙聖セパ】 DM32-074-C ≪神化編 第1弾...

壁掛け聖画十字架 十字架の道行(みちゆき)

なぜなぜ5回

なぜなぜ5回は、トヨタ自動車で実施されている改善法だということです。 改善するべきことを「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と5回繰り返して検討する、追求するということで、呪文のように「なぜ?」・・・を繰り返すわけではない。 ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

恥を知りなさい

あるテレビ番組の中で「恥を知る」ということで、倉本聰氏がとても良いことを言っておられたので、参考にしています。 「恥を知れ」ということです。 倉本氏曰く「今の日本人は恥を忘れている」恥というのはモラルというか、人としての誇り尊厳のようなもの・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

自分を信じる

自分を信じる気持ちがないと、何をやってもうまくいくことはないでしょう。 自分自身を信じて何事も実行も実行しましょう。同じことを行っても、自分を信じているかどうかで、結果は大きく変わってきます。 自信過剰とも思えるほどの自信を持って良いと思い・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

曖昧な言葉で

曖昧な言葉を使って、その場しのぎをする人がいたので書いてみます。 自分に都合の悪いことは、曖昧な言葉で表現し、後でどうとでもとれるような表現をする人がいたのですが、私から見ればこじつけであって、そのとき話した言葉が全てを表していると考えます・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

 【中古】デュエルマスターズ/VR/光/[DM-38]覚醒編 第3弾 超竜VS悪...

 【中古】デュエルマスターズ/VR/光/[DM-38]覚醒編 第3弾 超竜VS悪...